読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カジノ行くぞ

今月末にマカオに行ってカジノします.

絶対に勝つぞ〜と思って,先月ぐらいからいいろいろ調べていました.もちろん,期待値的に考えるとディーラー側が有利なので,長い目で見ればこちらが勝つことはほとんど不可能だということは承知しています.でも,短い目で見れば勝てることもあるはずなので,儲かる確率とかを計算していました.

カジノでは,マーチンゲール法,逆マーチンゲール法モンテカルロ法など,他にもいろいろ掛け方(ベッティングシステム)があります.それぞれの方法の詳細はググってもらうとして,結局,これらの方法というかアルゴリズムの違いは何かというと,そのアルゴリズムを実行したときの最終的な所持金の確率分布の形だと思います.例えば,マーチンゲール法だと,儲かる確率は高いけど,大きく損をする確率も少しある,とかです.確率分布というと仰々しいので,リスクとリターンの関係と言った方がいいかもしれません.

そんなわけでExcelで確率を計算したり,わざわざプログラムを書いてシミュレーションして確率分布を求めてみたりしました*1.そして私はある真理を得ました.


どの方法も勝てるときは勝てるし負けるときは負けるし適当に掛けるのと一緒じゃね

そして私は考えるのをやめ,楽しくカジノで遊ぼうと思いましたまる

*1:その結果をブログで考察しようともしました.でも,それぞれの掛け方の自由度が大きすぎてどうまとめてよいか分からず諦めました.最初の所持金はいくらで始めるとか,マーチンゲール法の初期掛け金はいくらか,何回繰り返すのかとか.それと,関係ないですが,ネットで書かれているカジノの掛け方の解説は,所持金が有限であることを軽視しすぎている感じがします.